幕末明治あやふや人物伝の最近のブログ記事

 日露戦争で無敵と云われたバルチック艦隊を敗った東郷平八郎は、「我々が勝ったのは、小栗上野介のおかげだった」としみじみ言ったそうです。

 

 万延元年(1860)、幕府は日米修好通商条約を批准するための遣米使節団を送りますが、米艦の「パーハタン」に乗り込んだ三人の使節の一人が、小栗上野介忠順(ただまさ)。

 

 

oguri.jpg 

 

 

 このとき、幕府は、これと別に自国の軍艦「威臨丸」を派遣しますが、この艦長が、ご存じの勝海舟で、上司の軍艦奉行が、木村摂津守。そして、福沢諭吉は、木村摂津守の従者としてアメリカに渡ります。

 

 小栗上野介は、帰国後、幕府の金蔵を預かる勘定奉行にとなるや否や、大胆な改革に乗り出します。まずは、最新鋭の造船所の建設計画。

 世界を見て、海軍力の大きさが国力を決定することを痛感していた小栗は、フランスと交渉して、巨額の建造費を借り入れます。

 

 小栗は、子供のころから、徳川家に対する忠誠を叩きこまれて育ってきた幕臣ですが、時代を見通す見識があります。数年後、建造が始まった横須賀造船所を眺めながら、「(もし、幕府が潰れてしまっても)これで土蔵付きの売家になる」と云ったそうです。

 

 その後も小栗は、鉄道建設計画、郵便・電信事業の計画、新聞の発行計画等々、近代国家の建設に向けた計画を次々と打ち出します。

 内部改革にも手を付け、無能な要職者の給料を大幅に減額したり、賄賂を撤廃などなど、そして、このため、上部に睨まれて、何度も首になるのですが、後任がいなくて復職。

 しかし、小栗の近代国家作りは、あくまでも徳川家を中心に置いた国家でした。

 誰もが幕府の未来に不安を覚えている中での小栗のこの働きに、疑問を投げかける向きもありましたが、それに小栗は、こう答えているのです。

「両親が病気で死のうとしている時に、もう駄目だと思っていても看病の限りを尽くすではないか。自分のやっているのはそれだよ」と。

 

 江戸城開城前夜。徳川慶喜は、徹底抗戦を主張する小栗の意見を一旦は採用するのですが、翌日、一転して全面降伏を決定し、小栗を解任するのです。

 

 後に上野に籠もった旧幕臣を潰走させた新政府軍の総司令官大村益次郎は、小栗の立案した作戦を見て、「もしこれが実行されれば大変なことになっていただろう」と云ったそうですから、もし、小栗の案が容れられていれば歴史が変わっていたかもしれません。

 

 小栗は、江戸を去り、知行地で、第二の人生を送ろうとしていました。村人に教育を施し、未来を担う人材を育てようと、幕府でもない徳川でもない、自分の人生を生きようとしていた矢先、新政府の逮捕状が届くのです。

 新政府は、小栗の存在が大きく見えて、怖れたのでしょう。小栗を捕らえて弁明の機会も与えず、しかも切腹ではなく、河原に連れて行き、罪人として打首にしてしまうのです。

 首を斬られる前に、小栗の部下たち無実を訴えて騒いでいるのに対し、一言「お静かに」

これが、小栗のこの世での最期の言葉になりました。小栗上野介忠順享年四十二歳。

 

 しかし、何てバカなことしたんだろう、新政府は。

同僚の反対を押し切って建造し、バルチック艦隊との勝敗を分ける結果となった横須賀造船所のほか、明治の世に多くのものを与えてこの世を去って行った小栗上野介。 

作家の司馬遼太郎さんは、この小栗上野介を「明治の父」と讃えています。

 

 

 

 

明治になって何年かたった頃、一月の雪の降る日に、当時14歳くらいだった山岡鉄舟の長男直記さんが、玄関の間で遊んでいると、手に徳利を下げた大男がやってきた。蓑笠を付け、素足に雪駄履きで、眉が太く目は大きいし、耳の端が垂れて口の両側まであるように見えたものだから、直記少年は、怪物(ばけもの)が来たかと驚きます。

「おとっさんは家におるか。西郷が伺ったというてくれ」怪物がそう言うので、直記少年は、夢中で奥に駆け込んで「おとうさん!玄関に変なばけものみたいものが来て、西郷が来たと言え、と言っています」

 

 

 

2457308d5e2c172c.jpg 

 

それにしても、ばけものって・・・こう言われて、南洲翁が何と言ったかは残っていませんが、鉄舟が出てみると、正に西郷さん。

奥座敷で一通りの挨拶が済むや、南洲翁が、持参の徳利を差し出して「日本の国もまだ寒い。少し熱をかけましょう」という。

「お考えのとおり。外部を温めようとすれば、まず自らでござる」鉄舟は答えて、ニコニコしながら徳利を受け取ると、台所に立って、やがて、沢庵の洗ったのを丸ごと二本と飯茶わんをお盆にのせて持ってきました。

 

 

鉄舟.jpg 

 

 

沢庵をぼりぼり齧って茶碗酒を飲っている南洲翁と鉄舟の傍らで直記少年が、次の間で英子夫人が聞くともなしに二人の話を聞いていると、全く辻褄の合わない話をしているようで、これが維新の立役者だとは嘘のように思われたそうです。

 

話にしきりと支那、朝鮮だとか、露西亜という国が出てきて、南洲翁が、「朝鮮、支那は、今の時期を延ばしては悪い。拙者が行って一と戦争やらねばならない」と言えば、鉄舟が「左様でござる。兵などは容易に動かすものではない」と答えるし、また、南洲翁が、「雉が声を出すから猟師がくる」などと、前後の理屈がどうにも合わない。

 

この話を聞いた安部某と言う人が、話の内容について、勝海舟に意見を求めたところ、海舟曰く、

「西郷、山岡は達人、達観の言葉で憂国の至誠があふれている。西郷は、東洋政策の準備談をふと山岡にもらしたもので、世俗の云う征韓論というやつだ。

世俗が西郷の遺志を継ぐなどとは片腹痛くなるよ。もし西郷にして征韓の意思があるならば、時の海軍卿のオレに相談しないはずがない。西郷と勝の間には世俗の理解できないものがあるのだよ。おれが、征韓の論がわいわいと人の口に上るから、西郷にどうするつもりだと聞いたら、「自分一人で直談判に行くつもりだった」と言っておった。

それを周りが騒ぎ立ててしまって、西郷を空しく城山の地下に埋めたのは、泣いても涙が出ないよ。

「雉が声を出すから猟師がくる」と言っているのは、兵など出して騒ぎ廻れば国は疲弊し、かつ自分の手際を見抜かれてしまい、諸外国がその隙を狙ってくるという、「孫子」、「呉子」の兵法を含んだ句であることが察せられるではないか。

見よ、西郷がうっかり浮雲に乗るような馬鹿者でないことが知れるであろう。それを今なお西郷を征韓論者というのは、日本の歴史がまるで嘘になって、帝国の前途が思われるよ。真の武士道の活用を知らぬ子供には困るよ。山岡などの云う事を「なに、あの天保銭のたわごとが」などと言うようでは、最早だめだよ」

 

と、まあ、いかにも海舟らしい論評ですが、実に真理を突いていると思います。南洲翁の「一人で直談判に行く」という論は、政府に容れられず、官を辞し野に下るのですが、南洲翁は、このときに全てを捨てたのだと思います。しかし、私は、これ以後の南洲翁の方が好きです。

 

しかし、ばけものって・・・直記少年にこう言われて、南洲翁が、「おいは、ばけもんじゃなか・・・」とか小声で呟いて、苦笑したかと想像すると実に面白い。

 

 

 

 

 

 江戸城の無血開城は、西郷南洲翁と勝海舟の会見によってなされたかのようですが、その前に、山岡鉄舟が徳川家の使者となって、大総督府の西郷南洲翁に会い、徳川慶喜の恭順の意を伝えています。

 官軍の先鋒隊が銃列を作って並んでいる中を、隊長の宿営とおぼしきところで、「朝敵徳川慶喜家来山岡鉄太郎、大総督府へまかり通る」と、大音声で呼ばわって、すたすたと通り過ぎると言う名場面は、いつも心に思い描くたびに胸のすくような思いがします。

 

 

鉄舟.jpg 

 鉄舟は南洲翁と会見し、慶喜の恭順の意を切に訴えます。それに対し、南洲翁は、大総督府の元に上がり、暫くして戻ってきて宮から下された五箇条の御書を鉄舟に示します。

 

一 城を明け渡すこと

一 城中の人間を向島へ移すこと

一 兵器を渡すこと

一 軍艦を渡すこと

一 徳川慶喜を備前(岡山)に預けること

 

 南洲翁は、この五箇条が実行されれば、徳川家に対し寛大な処分なされるでしょうと鉄舟に伝えますが、鉄舟は、最後の一条だけは承服できない。それを南洲翁に訴えますが、南洲翁は「朝命でごわす」と短く答えるのみ。さらに訴えますが、答えは同じ。

 

 

2457308d5e2c172c.jpg 

 鉄舟は、膝を進めて強く訴えます。「西郷先生と私と立場を換えて考えてみましょう。御主君の島津公が間違って朝敵の汚名を受け、官軍が征討に向かう。御主君は恭順謹慎しているとしましょう。先生が私の立場に立って、主家のために尽力しているときに、慶喜に対するこの処分案と同じような朝命が下されたら、西郷先生はさっさと主人を渡してしまうのですか。そんなことが君臣の情としてできるのですか」

 南洲翁は、暫く瞑目してから「山岡さん。あなたの云われることは尤もです。徳川慶喜殿のことは、この吉之助がきっと引き受けて御取り計らい致しましょう。どうぞ心配なさらんで下さい」

 

 これは、西郷南洲翁でなければこうはならなかったと思います。

 山岡鉄舟が書き残していますが、このとき南洲翁が「あなたは官軍の陣を破ってきたのだから捕縛しなければならないが、まあ、縛らずにおきましょう」と云います。

 「縛につくのは覚悟の上。縛っていただきましょう」と鉄舟。

 「いやいやどうして、山岡先生は豪傑だから、それでは酔わせてから縛ることにしましょう。まずは一杯・・」

 南洲翁は笑顔で鉄舟と杯を傾け、大総督府の通行許可証を渡したそうです。

 

 

 

 

muratasinhati[1].jpg 

 

これから暫くして、鉄舟は、大総督府から呼び出しを受け、出頭してみると、出てきたのが村田新八で、「先日、あんたが不当にも官軍の陣営を通行したと聞いたので、俺と中村半次郎が斬り殺してしまおうと追いかけたが、あんたはさっさと西郷と面会してしまったので斬り損なった。余りに悔しかったので今日呼び出したのだ。他に用事はない」

 鉄舟はにこりとして答えます。

 

  「そりゃあそうでしょう。私は江戸っ子で足が早い。あんた方は田舎者でのろま男、私の早足に追いつける訳はありませんよ」

 これを聞いた村田新八は大笑いし、そして鉄舟も笑って別れたそうです。

 

  村田新八も中村半次郎も軍監という立場で陣営を守っていたのに、面目を潰されるようなことをされたので、腹が立ったと思いますが、それにしても爽やかで「武者振りがよか男」ではありませんか。

 

  幕府官僚として幕末史を彩った川路聖謨(かわじきとしあきら)は、官軍の江戸入城を聞き、短銃で自殺し、この世を去りました。此のとき68歳。体を改めてみると、腹を浅く切って真新しい木綿で幾重にも巻いてあったと云いますが、中風で半身不随だったそうですから、刀で死ぬのは無理だったのかもしれません。 tosiakira.jpg

 自ら頑民斎と名乗ったほどの人ですから、年をとって体が不自由になっても、官軍の前に手をつく気にはなれない、そんな心境だったのでしょう。

 子母澤寛先生は、『勝海舟は、この人を、「川路聖謨は低い身分の出だから、こすくていけないよ」と云い、横井小楠は「果たして非常の英者である」と書いている。頑民と自称する位だから、海舟とは凡そ性格が合わなかったろう』と書いています。  

 しかし、勝のじいさま。「低い身分の出」なんて余計なこと言わなきゃいいのにね。自分だってそうなんだから。  

 

 それはさておき、ロシア使節プチャーチンが来航したときに、この川路が、露使応接係として交渉に当たるのですが、実に見事。ロシア使節団を圧倒したと言っていい。 

 ロシアの国書は、樺太と千島の日露国境を定め、日本との交易を開きたいというもの。 未だ鎖国論の根強い時代で、一方、開国・通商も大勢として避けられない。領土問題で譲歩でもしたら、国内の攘夷派が憤慨して騒乱は必至。ロシアとの戦争か、国内騒乱かというせめぎ合いです。 プチャーチン.jpg幕府からの回答書は、協議には応じるが、通商を容認するかどうかについては、朝廷に意向や諸大名の考えも質す必要があるので、三年から五年待ってほしい」というもので, ロシア側は当然、常識はずれの回答だと怒りだします。

 これに対し、川路は、50年ほど前にロシア艦隊が樺太、択捉、利尻を襲って、放火、略奪、番人拉致を行い、その5年度に国後島に来航したゴローニンを日本側で抑留した事実を指摘した上で、こう切り出します。「それ以来50年近く貴国からが、絶えて音沙汰もなく、気の長いお国柄であると思っておりましたのに、三年から五年お待ちくだされと申し上げているのを待てぬとは、何分にも合点がいきません」  

 協議は結局、日本側の主張の線で決着しますが、ロシア側は、川路の人物に非常に感じ入ったらしく、「川路を私達は皆気に入っていた。川路は非常に聡明であった。彼は私達自身を反駁する巧妙な弁舌をもって知性を閃かせたものの、なお、この人を尊敬しない訳にはいかなかった。彼の一言一句、一瞥、それに物腰までが、すべて良識と、機知と、炯眼と、練達を顕していた」と書き残しています。 

 この川路と云う人物、前述の言葉からも分かるように、非常にウイットに富んだ話を残しています。   四十六歳で奈良奉行をしている時の話です。 

 情夫を殺害したという女を取り調べることになった。亭主以外に男を拵えて、何か都合が悪くなって、今度はその情夫を殺してしまったという何やら妖しげな色気のある話なので、どんな女が出てくるのだろうと思っていたら、「柚子もて作れる狆につぶらなる瞳つけたるが如き女なり」つまり、金つぼまなこのあばた面だった訳で、「これにて人一人死せしや。大いに感ありて」 

 やがて、屋敷に帰るや、夫人の前に行って、将軍の前でするように膝行頓首して、暫く平伏したそうです。 夫人が驚いて、気でもお違いなされましたかというと、「いやいや、かくかくしかじかで、あんな女に命を落とす者もあるかと思ったら、今までお前を粗末に扱ってきたのが大変申し訳ない。誠に勿体なく有難く思うから、こうやって敬うのだ」とやったそうです。  

 前述のロシア使節団との間には、こんな話もあります。 ロシア側から写真撮影を請われた川路は、「自分のような醜男が、日本男児の標準的な顔だと思われては困る」と、ユーモアを交えて答えた。 プチャーチンは「日本の川路と云う官僚は、ヨーロッパでも珍しいほどのウイットと知性を備えた人物であった」と書き残しているそうです。

タグクラウド